うつ病チェックimage01 うつ病チェックimage02 うつ病チェックimage03

早期発見のために

うつ病のチェックをしてみてください。

「なんでそんなこと言われなきゃならないんだ!」と思うかも知れません。
うつ病のチェックを勧める理由は、自分がうつ病である、とわからない、知ることができない「潜在的な」うつ病患者の人が、近年増えているからです。
そういった方は、自分がうつ病であるかどうかわからないため、当然、セルフチェックをする機会もないため、酷くなるまで気づかないのです。
そこで、今から敢えてセルフチェックを行なってみて欲しいのです。

もちろん、自覚症状がある方も、自分のうつ病の程度がどのくらいのものなのか、しっかりと把握してもらいたいと思います。

うつ病は現代病としても数えられ、近年、特に働き盛りの二十代から三十代の若者に多く見られるようになりました。
うつ病の症状は非情に多岐にわたり、またそれぞれ単体だけでは、うつ病なのか、あるいは別の病気や弊害なのか、判断が難しいのです。
それでいて、深刻化すると、仕事はおろか、食事や遊びにも精力的でなくなり、心身ともに弱ってしまいます。
最悪の場合、自殺を選んでしまう人もいるため、できるだけ早く、自分がうつ病であると気づくことが大切なのです。

気持ちの問題、甘えである、などと言われることもあるうつ病ですが、実際には脳の伝達物質の不備が原因である、れっきとした病気なのです。
病気の治療に早期発見は欠かせません。
一刻も早く、セルフチェックを通じて、自分の状態を確認してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加